TOP > 薬用アデノゲンの成分についての解説

最近CMでもおなじみの「薬用アデノゲン」ですが、今回はその成分について考察してみましょう。

スポンサーリンク

「薬用アデノゲン」について

まずはメーカーサイトより概要を見ていきましょう。


• 生体内薬用成分『アデノシン』が早く、そして確実に毛乳頭へ作用。
• 和漢植物成分「ソフォラ抽出エキス」が血行を促進し、毛幹を伸長する。


さらに詳細な成分については下記の通りですので、購入時の参考にしてみてください。


<有効成分>
アデノシン、β-グリチルレチン酸、パントテニールエチルエーテル、l-メントール、クジン抽出液


主成分アデノシンについて考察

では、主成分である「アデノシン」について詳しくみていきたいと思います。

「アデノシン」は、もともと体内の神経系に多く存在する神経伝達物質で、様々な細胞間の調節にも大きな役割を果たしています。

発毛にどのように関係してくるのかというと、「アデノシン」が毛乳頭に作用することにより、髪の成長に不可欠な成長因子である「FGF-7」が産生されます。

この働きにより、髪を太く長く生育したり、新しい毛が生み出されるというわけです。

発毛のメカニズムをメーカーが長年研究した結果、この「アデノシン」を主成分とした発毛促進剤をこの世に送り出すことができました。

いかがでしたか。「アデノシン」という耳慣れない物質が主成分として配合されているということで、重点的に説明してみました。

効果効用といった点に関しては個人差が少なからずありますし、発毛には生活習慣も大きく影響するといわれています。

実際に使ってみた方の体験談や評価、口コミ情報といったものがたくさんありますので、それらをじっくりと検証していくことが必要でしょう。この情報も参考の一つにしていただければ幸いです。


スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析