TOP > 薬用アデノゲンの評価を大調査

「薬用アデノゲン」とは、資生堂が2005年に発売し育毛業界に衝撃を与えた商品で、いまだに愛用者の多い発毛促進剤となっています。

本当に薄毛改善効果があるといえるのか、世間の評価はどうなのか、今回はその点を重点的に調査してみました。

スポンサーリンク

薬用アデノゲンについて解説

まずは、薬用アデノゲンについて簡単に解説してみましょう。

アデノゲンの大きな特徴は「アデノシン」という成分が配合されてることであり、アデノシンとはもともと生体内に存在している神経系の物質です。

毛乳頭への作用によって発毛促進因子の「FGF-7」が産生され、毛髪の成長を長期間継続させます。また血流量も増加されるので、健康的な髪に育つという効果もあるようです。

その他にも、ソフォラというマメ科の植物から抽出したエキスを配合し、頭皮の血行を促進することにより、毛髪の伸長を促すとされています。

無香料なので、育毛剤特有の香りが苦手な方にも使いやすいという特徴も見逃せません。


評価を徹底調査してみました

アデノシンはFGF-7の生産を高めるという事でしたが、育毛関係の口コミ掲示板などを調査したところ、目に見えるほどの発毛効果があったという情報はあまりみかけません。

しかし2004年に厚生省により医薬部外品指定の認定を受けていることなどから考えると、いくらかの効果がある、または改善する可能性があると認められているということがいえるでしょう。

また今でも発売が継続されているということは、一定数の方から評価や支持を受けている結果であると考えられます。全く評価されないものは市場から姿を消してしまうからです。

薄毛の改善は育毛剤だけの効果ではなく、生活習慣なども大きく関わっているといわれ、個人差と呼べる要素も大きいようです。

この情報が、みなさまの生活にお役にたつものとなるよう願っております。


スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析