TOP > 女性のための育毛講座

出産で髪の毛が抜け落ちてしまったり、ストレスによって薄くなってしまったり、髪の毛が薄くなる原因は加齢によるものだけではありません。


最近では、髪の毛に悩む女性のために育毛講座が開設されています。

専門医によって開設されているこの講座では、薄毛の基礎知識や、防ぎ方髪の毛の活かし方、最後に鉄則を学ぶことができます。

スポンサーリンク

薄毛の基礎知識

女性の薄毛の原因は、加齢、シャンプーや毛染めも含めた生活習慣、薬、ダイエットなどが上げられます。

中でも加齢生活習慣は影響が大きく、加齢は仕方ないとしても、生活習慣は見直してみる必要があるでしょう。


人の血管は加齢と共に硬くなります。

そうすると血液の流れが悪くなり、頭皮や毛根に十分な栄養がいきわたらなくなってしまうのです。


髪の毛はデリケートですから、生活習慣を改善することで、体の健康と育毛に役立つのです。


薄毛を防ぐ

何気ない日常生活の中で、髪の毛にダメージを与えていることがあります。


まず、育毛はシャンプーから始まります。

髪の毛の根元では、常に皮脂を分泌し、皮脂と汗が混じっています。

これをそのままにしておくと、最近が繁殖し、ふけの原因になったり、脱毛症になります。

特に夏は日資料が増えますので、シャンプーは欠かせません。

しかし、シャンプーのし過ぎも逆に脱毛の原因となります。

シャンプーをする際は、指の腹を使い、マッサージするようにすると効果的です。


また、ドライヤーですが、実は毛根をいためる原因なのです。

なるべくなら使わないほうがいいのですが、使う場合は髪から離して使用しましょう。


育毛剤を使う

薄毛には、生活習慣を改善することと、育毛剤を併用するとより効果が現われます。

育毛剤は朝晩2回使用するといいでしょう。

また、白髪染めとパーマはどちらも髪の毛をいためる原因となりますので、別の日に行うようにしましょう。

育毛、10の鉄則

育毛には10か条があります。

  1. 自分を知る~頭皮の状態生活習慣を省みる

  2. シャンプーは自分にあったものを選ぶ

  3. 髪は自然乾燥にする

  4. ブラッシングは頭皮に優しく行う

  5. パーマ、毛染め、ヘアダイなどは別々の日に

  6. 育毛剤はかぶれのないものを選ぶ

  7. 頭皮マッサージを行い、運動も適度に行う

  8. 食生活を改善する

  9. リラックスし、くよくよしない

  10. 育毛講座を参考にする


これらは全て髪の毛の健康のためにも必要なことです。

普段どれだけ守れているか、チェックしてみるといいでしょう。


スポンサーリンク

 

QLOOKアクセス解析